「五十肩」の痛みとサイン

急激な痛みによって肩が激しく痛んだり、痛みが強い方は、ステロイド薬やヒアルロン酸注射などを行うことで、痛みの緩和を促す事ができるようです。基本的に、痛みがあるうちに、早く「五十肩」を治そうとして、無理矢理に肩を動かすことは、症状を悪化させてしまう可能性があるので、痛みがなくなるまでは安静に来ていただく必要があるようです。痛みが軽減し、固くなった筋肉などが緩むことで、肩が動かし来やすくなる状態であれば、筋力アップを図るためにトレーニングなど活用していくことで、回復も早まるなどと言われています。「五十肩」は、肩こりがある人、ない人に限らず、誰にでも起こりうる可能性のある症状です。予防としては、日頃から適度な肩の運動や緊張感からくる肩のコリなどを定期的にケアし肩へのストレスや負担を軽減することなのだそうです。「五十肩」の症状が、発症する詳しい原因は今のところ分かっていないようです。肩へのストレスや負担を軽減する為には、一方の肩のみに肩かけする鞄やバッグなどの使用を避ける必要がありそうです。両肩にバランスよく負担がかかるリュックなどは、身体のバランスを保つ上では肩への負担が軽減できそうです。

職業病の肩こり・腰痛

肩こりや腰痛が、職業病などと言われる人々がいます。トラックの運転手さんやタクシーの運転手さんは、長時間の運転に加え、同じ体勢、同じ姿勢でいなくてはならないので、血流が悪くなり、さらに運転などの緊張感から、筋肉が強張ることによってさらに、血流が少なくなるなどと言われています。血流が少なくなってしまうと、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、肩こりや腰痛などの原因になるなどと考えられています。トラックの運転手さんや、タクシーのドライバーさん以外でも、長時間デスクワークを行なっている事務職の方や、常に同じ姿勢を強いられている美容師さんなども、常に肩こりや腰痛などの痛みが課されているなどと言われています。職業病と言ってしまえば、肩こりや腰痛に耐えなくてはならないのは、仕方のないことなのかもしれませんが、極度の肩こりや腰痛は、仕事のパフォーマンスの質を下げてしまうとも言われています。適度なリラックスや、運動や、スレッチなどを行うことによって、血流を促し、肩や腰の凝りをほぐして、仕事のパフォーマンスを高めていきたいですね。もちろん週末の温泉などでリラックスしながら体を温めることも効果的です。