肩こりとは異なる痛み

年齢とともに、運動不足だから、日常的な活発な活動も制限されてくるような年代になると肩が重くて上がらない、または、背中が痛くて腕が上がらない、などといった症状に悩まされることがあるようです。このような肩や腕の痛みが伴う症状を、「五十肩」などと呼ぶことがあります。「五十肩」は、単なる肩こりなどではなく、肩の関節周辺の骨や軟骨などの炎症からこのような症状が現れると考えられています。その原因としては詳細までは、分かっていないことが多いようなのですが、一般的には、症状の発生から半年~1年半ほど経つと、自然に治癒している人がほとんどであるようです。年齢とともに、関節の骨や軟骨腱などが変形することで炎症を起こすのではないかなどとも考えられているようですが、全ての人にそのような症状が当てはまるかと言うと、何とも言えない部分もあるようです。また、日頃から活発な運動や活動をしていない方は、ご自身が「五十肩」であるというような事を気づいていらっしゃらない方もいるようです。腰から後ろに腕を回してみたり、頭の後ろで手を組むなどの動作を行うことで痛みや、可動範囲が極端に狭まっているようであれば、「五十肩」などの可能性が考えられます。「五十肩」などと呼びますが、肩から背中、腕にかけて広範囲に痛みを伴うもののようです。