大人な味わい「みょうが」

「みょうが」は、平安時代なの文献にも、その記録が残るほど、日本人が大好きな食材であるようです。みょうがを食べると、物忘れしやすいのだと言う落語があるようですが、実際には、その逆でミ、ョウガを食べることでよって血流が良くなることから、認知症の予防につながるなどとも言われています。旬は夏ですが、その独特な風味から暑い季節に食欲を促す、なくてはならない薬味とされています。天ぷらなど、としても食され、酢味噌和えや、そうめんや、麺類などの薬味とされたり、サラダなどとしても最近では多くのファンを惹きつけています。またお風呂の入浴剤などとしても湯冷めしにくく、体が大変温まるので、神経痛や、肩こり、腰痛、冷え性の予防などに効くと言われています 。子供には、苦手な味とされ、みょうがの味が分かるころが大人になる時期だなどとも言われる、不思議な大人な味わいの食材です。皆さんは、いつごろから、みょうがの味を覚えましたか?