日本人のイライラを食い止めるのは?

日本食には、カルシウムの成分が少ないので、日本人の多くは、慢性的にカルシウムが不足していると言われてもいますが、実は、人間の身体の中の骨や歯を構成するミネラルとして、体内に最も多く存在しているのだそうです。カルシウムは、骨、歯の他には、血液中にも存在するのですが、血液中のカルシウムが不足すると、骨などに蓄えられたカルシウムが、血液中に溶け出して、その不足を補ってくれます。食事などから、カルシウムの摂取がされないと、骨に蓄積されていたカルシウムの多くを使い果たしてしまう事となり、場合によっては、骨折の原因、もしくは、骨粗しょう症などを招くと考えられています。特に女性は、加齢とともに、ホルモンの分泌の関係から、骨用が減少しやすくなるので、カルシウムの摂取には気をついていたいものです。イライラしている人には、カルシウムを摂取するようにというようなアドバイスがある事もありますが、カルシウム不足は、イライラの原因であるとも言われています。カルシウムは、主に、骨や歯に含まれると申しましたが、歯と骨について、少しお話してみましょう。歯は、折れたり、虫歯になってしまうと再生しませんが、骨は、骨折したり、ヒビが入っても修復する力があります。生物の中には、歯が無くなっても生え換わるサメや、歯が伸びるリスなどがいますが、人間は残念ながら、乳歯が生え換わり永久歯となり、一度、損傷してしまうと生え換わる事はありません。歯も骨も、大変重要な皆さんの身体です。カルシウムを効果的に摂取して、健康をサポートしていきましょう。