グレープシード

グレープシードエキスというのは、ぶどうの種子から抽出された高い抗酸化作用のあるものだそうです。フランスでは心臓病などの血管治療薬として使用されているそうです。フランス人は肉や乳製品をたくさんとっているにも関わらず、心筋症や動脈硬化にかかる確立が低いそうです。その要因というのは赤ワインのポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンというものだそうです。プロアントシアニジンの作用というのは、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用だけではなく、関節炎などの症状を緩和する抗炎作用、視力や網膜の保護、静脈瘤の症状の緩和などがあるそうです。抗酸化力はビタミンEの5倍もあるという研究結果もあるそうです。米国では大腸がん、白内障、胃潰瘍などの予防食品として採用されているそうです。日本でもLDLコレステロールが悪玉の酸化LDLに変わるのを防ぐということで、脂質異常症や動脈硬化の予防に効果があると確認されているそうです。皮膚の色素沈着を防ぐともいわれているそうです。疲労回復に効果があるということも発表されているそうです。強い抗酸化作用はサプリに利用されているだけではなく、食品や化粧品への利用も進められているそうです。酸化による製品劣化防止にも使われているそうです。グレープシードエキスの摂取量の目安として、健康維持のためならば1日50〜100mgだそうです。赤ワインというのはぶどうの種ごと発酵させるということで、プロアントシアニジンの効果をそのままとることができるそうです。グラス2杯程度が適量だそうです。特に渋みが強い品種が多く含まれているそうです。グレープシードオイルでも摂取できるそうです。大さじ1杯程度でワインと同様の効果があるそうです。