「温泉」の成分とは

一言で「温泉」と言いましてもそれぞれの温泉地における源泉には、様々な効能がると知られる各種成分が含まれております。各成分は期待される効果などが異なり、温泉による症状の緩和などが期待される事柄を「適応症」などと呼ぶそうです。温泉地などに行くと「効能」などといった形で温泉成分や適応症が表示されていることがありますが、それぞれの表示は環境省などの指示のもと、皆さまにお知らせされているようです。一般的には、肩こり・腰痛・神経痛などといったような症状は、「一般的適応症」などと言われ、ほとんどの温泉に共通して該当されている適応症として考えられているようです。その中には、冷え性・疲労回復なども含まれておりますが、温泉効果として女性にとっては何よりも嬉しいのは美肌などの効能などでもありますよね。温泉は人々の幸福感を高めることも知れており、海外などでは「温泉」を治療と捉える人々も多いようです。様々な要因で温泉地から足が遠のいてしまっている方も、ご自宅で入浴剤などをうまく活用しながら温泉気分を味わってみてはいかがでしょう。